全部で3パターン!頻出の熱分解反応3パターン

著者 福山 諒

熱分解反応のパターン

高校化学で出てくる熱分解反応は主に3パターン。

パターン1
炭酸塩 → CO
+ 酸化物

パターン2
炭酸水素塩 → H
O + CO + 炭酸塩

パターン3
水酸化物 → H
O + 酸化物

1つ目は炭酸塩がCOと酸化物になるパターン

2つ目は炭酸水素塩がとCOと炭酸塩になるパターン

3つ目は水酸化物がHOと酸化物になるパターンである。

今からそれぞれ順番に解説していく

パターン

炭酸塩は、加熱するとCO2と酸化物になる。

具体例として、「炭酸ナトリウムの熱分解反応」を挙げる

NaCO→NaO+CO

炭酸塩の1種である炭酸ナトリウムが、二酸化炭素COと酸化物である
酸化ナトリウムNaOになっている。

ではこれから、パターン1の反応の反応式の作り方を確認していく。

STEP1
炭酸塩の化学式を確認する。

まずは、炭酸塩の化学式を確認する。

NaCO

STEP2
炭酸塩からCOだけを取り出す。

次に、炭酸塩(NaCO)からCOだけを取り除く。

NaCO→NaO+CO

パターン2

炭酸水素塩は、加熱するとHO + CO + 炭酸塩になる。
具体例として、「炭酸水素ナトリウムの熱分解反応」を挙げる

2NaHCO→HO+CO+NaCO

炭酸水素塩の1つである炭酸水素ナトリウムNaHCOが、
HOと二酸化炭素CO、 炭酸塩である炭酸ナトリウムNaCOになる。

ではこれから、パターン2の反応の反応式の作り方を確認していく。

STEP1
炭酸水素塩の化学式を確認する。

まずは、炭酸塩の化学式を確認しよう。

NaHCO

STEP2
炭酸水素塩からHOCOを取り出す。

次に、炭酸水素塩(NaHCO)からHOCOを取り除く。

2NaHCO→HO+CO+NaCO

HOCO以外の部分はそのまままとめてNaCOとしよう。

POINT
また、両辺の原子の数を合わせるためにNaHCOの係数が2になっていることに注意しよう。

パターン3

水酸化物は、加熱するとHOと酸化物になる。

具体例として、「水酸化アルミニウムの熱分解反応」を挙げる。

2Al(OH)→3HO+AlO

水酸化物の1つである水酸化アルミニウムが、水HOと酸化物である
酸化アルミニウム AlOになっている。

ではこれから、パターン3の反応の反応式の作り方の確認をする。

STEP1
水酸化物の化学式を確認する。

まずは、水酸化物の化学式を確認しよう。

Al(OH)

STEP2
水酸化物からHOだけを取り出す。

次に、水酸化物(Al(OH))からHOだけを取り除く。

2Al(OH)→3HO+AlO

HO以外の部分はそのまままとめてAlOとする。

以上で熱分解反応についてまとめました。
それではまた


Notice: get_the_author_ID の使用はバージョン 2.8.0 から非推奨になっています ! 代わりに get_the_author_meta('ID') を使ってください。 in /home/users/0/sunnyday.jp-igakubu-coaching/web/wp-includes/functions.php on line 4440

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined index: title in /home/users/0/sunnyday.jp-igakubu-coaching/web/wp-content/themes/gorgeous_tcd013/widget/recommend_post.php on line 16

Notice: Undefined index: post_num in /home/users/0/sunnyday.jp-igakubu-coaching/web/wp-content/themes/gorgeous_tcd013/widget/recommend_post.php on line 17
ページ上部へ戻る